医学部 臨床医学腫瘍内科学Medical Oncology

JapaneseEnglish

研究室HP

集合写真

我が国に不足している医学部腫瘍内科学講座が本学に誕生したのは2005年4月1日である。診療面では、同年10月1日に21世紀集学的医療センターのサブセンターのひとつとしてオープンした北陸初の腫瘍センターである集学的がん治療センターを診療の場としている。このセンターは消化器・呼吸器・乳腺・血液・頭頸部・泌尿器など種々の悪性腫瘍の外来化学療法を専任の腫瘍内科医が管轄し、各診療科が協力して運営している。2016年4月からな入院診療も担当し、さらに臨床活動が充実している。教育面では第4学年の腫瘍総論ユニットを担当し、臓器別のユニットでは包括的に教えられない骨転移・腫瘍マーカー・緩和ケア・EBMなどのテーマも含めて、臓器横断的な臨床腫瘍学教育を推進している。さらに第5学年・第6学年の臨床実習では具体的な化学療法レジメンの詳細や、実際に患者さんの医療面接や全身的な診察を通して、腫瘍内科の重要性を伝えている。さらに大学院教育として、腫瘍内科学という科目で、北陸がんプロにも積極的に関与している。研究面ではとくに消化器癌の診断と治療に有用な研究を遂行中で、国内外の研究施設と緊密な連携を取っている。さらにがんサバイバーシップ・がん患者さんの心理・社会的問題の解析と支援についても研究中である。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211 +81-76-286-2211  / FAX: 076-218-8283 +81-76-218-8283 / Email: cancer@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 元雄 良治 元雄教授顔写真

特任教授

  • 安本 和生

学内講師

  • 久村 和穂

助教

  • 葛西 傑

主な研究業績

部門別研究業績

  • Motoo Y. Editorial. Ramucirumab plus paclitaxel: a possible new chemotherapy regimen for neuroendocrine carcinoma of the stomach. Intern Med. 57(5): 631-632, 2018.
  • Hisamura K, Matsushima E, Tsukayama S, Murakami S, Motoo Y. An exploratory study of social problems experienced by ambulatory cancer patients in Japan: Frequency and association with perceived need for help. Psychooncology. 27(7):1704-1710, 2018.
  • Matsui Y, Murayama R, Tanabe H, Oe M, Motoo Y, Wagatsuma T, Michibuchi M, Kinoshita S, Sakai K, Konya C, Sugama J, Sanada H. Factors associated with severe skin disorder after extravasation of intravenously infused antineoplastic agents. J Nurs Sci Eng. 5(1):31~40, 2018.
  • Suzuki T, Yamamoto A, Ohsawa M, Motoo Y, Mizukami H, Makino T. Effect of ninjin'yoeito and ginseng extracts on oxaliplatin-induced neuropathies in mice. J Nat Med. 71(4): 757-764, 2017.
  • Motoo Y, Hakamatsuka T, Kawahara N, Arai I, Tsutani K. Standards of reporting Kampo products (STORK) in research articles. J Integr Med. 15(3): 182-185, 2017.

主な外部研究資金

  • 平成28~30年度 日本医療研究開発機構研究費(AMED) 研究代表者 元雄 良治. 統合医療情報発信サイトの客観的評価及び統合医療の有効性の検証と安全性の実態調査
  • 平成28~30年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究代表者 元雄 良治. オキサリプラチンの血液・神経毒性に対する人参養栄湯の臨床効果とその分子機構
  • 平成30年度日本医療研究開発機構研究費(AMED) 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズA)研究代表者 安本 和生. HGF/MET axisの本質的制御による革新的スキルス胃癌標的治療法の開発.
  • 平成29~31年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究代表者 安本 和生. HGF/MET axisの本質的制御によるスキルス胃癌の革新的標的治療薬の開発.
  • 平成30~33年度 科学研究費助成事業(基盤研究(C))研究代表者 久村 和穂. 独居等で療養生活を支える家族のいない中高年がん患者の心理社会的支援に関する研究.